AQUA LOVERSブログ 


新入荷など情報発信はこちらから
by AQUALOVERS2011
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
すごい在庫ですね。こんな..
by すざき at 21:42
あけましておめでとうござ..
by すざき at 17:54
こんばんは。 先日..
by jun at 22:39
通販アップ希望します!!
by かつかつ at 22:58
通販優先ということはあり..
by AQUALOVERS2011 at 12:38
ちなみに通販優先てあるん..
by reef at 00:07
3周年おめでとうございま..
by あなごんべ at 01:25
Haruさん、お久しぶり..
by AQUALOVERS2011 at 20:40
こんばんは。 久々です..
by Haru at 23:06
YUKIさん、先日はご来..
by AQUALOVERS2011 at 12:55
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
明日は臨時休業。。。
at 2017-12-14 22:30
ソフトでもハードでも♪
at 2017-12-13 20:59
海水魚もいるよ!
at 2017-12-12 21:54
オージー便入荷!!
at 2017-12-10 20:07
極美!!ヒメシャコガイ入荷!..
at 2017-12-08 22:40
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:週刊!?@Zeovit( 23 )


週刊?@Zeovit Vol.23

こんばんはジャイアンです。
前回の記事から6日、パラメーターの調整は順調に?進んでいます。ほぼ毎日、数値を測っていましたが、KHは9→8.5→8→7.5→7そして6・・・(汗)。Mgは毎日、KZのマグネシウムコンセントレイトを添加、終始安定して1150、Caも毎日KZのカルシウムプラスを添加、昨日の測定で420まで上昇しています。塩分濃度は34‰、この数値で固定していくことにします。

リセット前も同じようにKHが高い状況が続いていて、同じように添加剤を使用していましたが補正することができませんでした・・・。実は今回、添加剤の入れ方(順序、添加間隔)を変えてみたんですが・・・もしかして当たり前の事なのかな???KH,Ca、Mgの3つのメソッドの安定に一番重要なのはMg・・・ということでMgを先に、十分な間隔をあけてCaを添加するようにしてみたのです。レッドシージャパンのK氏との話でもこの話題になって、RPCも実はリーフファンデーションはC→B→Aの順で添加したほうが効果が高いなんてことも聞いていたので。。。

なにはともあれ、めでたくKHが狙い通り下がりましたのでCaリアクターを稼働、3秒に一滴のCO2の添加、排水を絞ってKHの数値を調整してみます、MgとCaは添加剤を併用、Mgは1300~1350を目標にしてみましょう。

d0221436_2329770.jpg

水替えの前に不安定なサンゴをコーラルグルーで接着しました。
d0221436_23295627.jpg
d0221436_2330522.jpg

根元が固定されることでサンゴの状態は格段に安定します、ポリプの開きも成長も良くなりますよ。
d0221436_2334258.jpg

私はコケの抑制に貝(シッタカ、マガキ)を多用しますので朝になるとサンゴが転がっていることもしばしば・・・他の個体も必要に応じて接着していくことにします。
d0221436_23372051.jpg

展示水槽のサンゴはどこかしら傷みのある個体がほとんどですが、状態が安定してくれば畝ができて白化の進行は止まります。

サンゴの配置は成長の余地を残してゆったり目にしてあります、時間の経過とともにサンゴが成長してレイアウトが完成していくと良いのですが・・・。
[PR]

by AQUALOVERS2011 | 2015-01-21 23:50 | 週刊!?@Zeovit | Comments(0)

週刊?@Zeovit Vol.22

こんばんはジャイアンです。
日曜日に店頭のZeovit水槽にサンゴを導入しました、水槽自体は運用して2年経過しているので最初から山盛りに・・・。
d0221436_23285824.jpg

昨年からの在庫で最低でも2か月くらいはKZの添加剤で管理されていたものばかり、インドネシア産のワイルド個体と養殖個体でまとめてあります。
d0221436_2331958.jpg
d0221436_23311857.jpg

1月7日時点の水質パラメーターは、KH:11,Mg:1100、Ca:420、サンゴ導入時はKH:14、Mg:1100、Ca:400・・・リアクターを動かしていたせいかKHはさらに上昇。。。サンゴの導入と同時にリアクターを一旦ストップしてみました。測れる数値を一通りチェックしてみると塩分濃度が高めの37‰(パーミル)、KHが高めに出ている原因はこの辺にもあるかもしれませんね。
2日間かけて35‰まで下げてみて、再度水質をチェック、KH:9、Mg:1150、Ca:380。状態の安定したサンゴが多かったせいか順調に吸収も起きているようですね、管理上の水質としてはほぼ許容範囲内になりました。
d0221436_23435526.jpg
d0221436_2344440.jpg
d0221436_23441556.jpg
d0221436_23442458.jpg
d0221436_23443650.jpg

KHの低下と共にポリプの咲き方も良くなってきました。あとはリアクターの稼働のタイミングとパラメーターをもう少し高い値で安定させるために、塩分濃度を上下させながらサンゴの機嫌の良い値に調整してみます。

今さらこんな記事を書いても意味があるのかどうか・・・次々に新しい添加剤やシステムが登場してきていますからね。でも、ベルリンがあって今があることを考えると、何も極めずに次に行くのは釈然としません。失敗してあきらめるならそれも一つの結果だけど、どうせならきれいな水槽をお見せしたい!!そんな感じです。。。
[PR]

by AQUALOVERS2011 | 2015-01-15 23:52 | 週刊!?@Zeovit | Comments(0)

週刊?@Zeovit Vol.21

こんばんはジャイアンです。
久しぶりの週刊@Zeovitです、水槽の方は一昨年に続き11月頃から放置状態・・・当然、状態は良いわけがなく、品薄も手伝って中身もほとんどなくなってしましました。

メディアを減らして適正量を探ったりしていましたが、あまり結果も良くはなく・・・そこそこにはなるけど、な~んかイマイチ。とりあえず初心に帰って、振り出しに戻る・・・プチリセットしました。
d0221436_0172494.jpg

変な小っちゃいヒトデもちらほらいるし、シャコも採りたかったし・・・
d0221436_0231194.jpg

ライブロックは立ち上げからの使い回しの2年物。
d0221436_0242241.jpg

水流も見やすくなったのでポンプ位置も調整、Gyreは縦向きに変更。
d0221436_0252456.jpg

カルシウム&ゼオのリアクターもメディアを変えて再調整。
d0221436_0275578.jpg

T5の球も新品に交換!KZのニュージェネレーション×4、ブループラスx1、フィジーパープルx1、8灯がベターですが6灯でも結構何とかなりますよ。
d0221436_032225.jpg

岩組は2山にしてみました。
d0221436_0335775.jpg
d0221436_0341067.jpg

KZのリーファーズベストソルトで水をはって完成。。。

数日間、バクテリアを添加してからサンゴを戻していくことにします。今回は本当に売りませんからね!?・・・きれいな水槽に仕上げてみます。
[PR]

by AQUALOVERS2011 | 2015-01-07 00:43 | 週刊!?@Zeovit | Comments(0)

週刊!?@Zeovit Vol.21

こんばんはジャイアンです。
復活2週目の週刊!?@Zeovitです。先週は処理しきれていない硝酸塩(NO3)の対策にゼオライトを100ml追加してみました。そして、KHの調整のため停止していたカルシウムリアクターを稼働、数値を見ながらメディアの適正配合を探っています。
d0221436_190698.jpg

d0221436_1902932.jpg


今週の水質測定の結果は、
NO3:1mg/L、KH:10、Ca:400mg/L、Mg:1150mg/L、K:390mg/Lとなりました。

ゼオビットメディア増量後もNO3の数値は変わらず、サンゴの色の変化も緩やかなことからもう少しゼオライトを増量する必要がありそうです。来週の水替えの時にさらに50mlのメディアを追加することにします。

Caリアクターの稼働でKHが再び高値へ・・・Caも数値が上昇していますが、Mgはやや下がりました。現在のメディアの比率はARM:Caプラス:ゼオマグ=50:30:20、この比率を40:30:30に変更することにします。狙いとしてはKHの反応を押さえて、Mgの反応を大きく、バランスがとれてくることでCaプラスの反応効率が上がる、というイメージです。メディアの比率を変えない限りはKH:Ca:Mgの反応のバランスは変えることはできません、CO2の添加量や内圧の変更はあくまでも反応の強弱の調整にすぎません、今回の変更でメディアの比率の調整は上限値となりましたので、これでも生じてくる過不足は添加剤で補うか、カルシウムリアクターの大型化で対応することになります。

カリウムの数値は、KバランスストロングからKバランスへの添加剤の変更で数値が適正になりました。マニュアルを見直すと、Kバランスストロングはカリウム以外を含まない、いわばカリウムプラスのような添加剤のようです、非常に紛らわしい名前ですが、KバランスとKバランスストロングは全く別の用途として考えた方がよさそうですね。通常使用はKバランス、数値の補正にはKバランスストロングを使い分けていくことにしてみましょう。
d0221436_1911722.jpg

d0221436_1913595.jpg


マニュアルが確立されているZeovitですが、数値の基準が明確な部分は適正量の調整が必要です。数値が明確になっている部分は水質の基本となる部分で、サンゴの調子を大きく左右します。サンゴの調子が上がらない=添加剤の吸収率が下がる=水質のバランスが崩れる、という悪い流れが多くの失敗の原因となっているようです。基本的な水質を適正に合わせることが、Zeovitに限らずミドリイシの飼育のスタートラインとなります。
[PR]

by AQUALOVERS2011 | 2014-10-27 19:22 | 週刊!?@Zeovit | Comments(0)

週刊!?@Zeovit Vol.20~復活号?~

こんばんはジャイアンです。
店頭で運用を開始して2年が経過しようとしてるZeovitですが、残念ながら納得する水槽には一度もなっていません。数か月前よりポンプの循環量を見直し、KZ社の水槽環境を再現するべくチャレンジを始めています。
d0221436_2124105.jpg

今回の変更前の状況は、メインポンプの流量が6L/分、総水量に対して時間当たり1.5回転、ゼオビットメディアは規定使用量663mlに対して200ml。
d0221436_212522.jpg

定期換水の前に水質をチェックしてみると・・・
d0221436_21253074.jpg

d0221436_2125504.jpg

・NO3:1 PO4:0~0.024 KH:7~7.5 Ca:350以下、Mg:1200 K:400
Caリアクターの調整ミスで11まで上がっていたKHの補正のためにリアクターをストップしていたため、Ca、Mgは想定内の数値です。PO4は問題になる数値ではないのでOKですが、NO3が出ているのはZeovitを始めてから初のこと・・・魚はハギ2匹とマダラハナダイ、多めにあげているエサのせいで200mlのメディア量では処理しきれていないようです。Kは適正値の上限ですが、KバランスからKバランスストロングへの変更が影響しているようです。

メディアの量を100ml追加してみます。
d0221436_21273412.jpg

処理能力の向上を狙ってあえて細かい粒を多くして表面積を稼いでいます。リアクターは3時間の間欠運転、これで2週間後の水替えまで様子を見てみましょう。

Zeovitはマニュアル遵守が原則ですが、水槽環境に合わせた調整は必要になります。まずは基本水質の調整とZeovitメディアの適正量を探っていきます。
[PR]

by AQUALOVERS2011 | 2014-10-20 21:44 | 週刊!?@Zeovit | Comments(0)

週刊!?@Zeovit Vol.19

こんばんはジャイアンです。
今日はZeovitの添加剤のお話。Zeovitは添加剤が多くて何をどう使ったらよいのかわからない・・・そんな質問をよく受けます。そこで数多い添加剤を担当パートごとに分けてみましょう、こうすることで添加で何が重要かが分かりやすくなると思います。

私なりに分けてみると、
1.システム維持、水質改善
2.一般的な微量元素の添加剤
3.エサ・栄養補給
4.色上げのための添加剤
5.中和・水質維持
6.目的に合わせて使用する添加剤
こんなところでしょうか・・・いろいろな意見もあると思いますので、自分なりにアレンジしてパートを分けてみて下さい。

それでは、添加剤をパートごとに分けてみます、まずはもっとも重要なシステムの根幹を担うパートから。
1.システム維持、水質の改善
d0221436_23374948.jpg

・ZEObak  ・ZEOstart3 ・Sponge Power 
この3種類とZeovitメディア、アクティブカーボンを使用して、低栄養塩とT5を使用するための水の透明度を作り出します。この部分に関してはマニュアル遵守が大原則!おさぼり厳禁できちんと添加して下さい。過剰添加もダメですよ。

2.一般的な微量元素の添加
d0221436_23443130.jpg

・Iodide Complex Concentrate ・Potassium Iodide fluoride Cocentrate 
・Strontium Concentrate ・ZEOspur Macroelements ・Iron Concentrate 
これらはシステムを問わず使用される事が多い添加剤ですね。人工海水には量が少なすぎて混ぜ込むことが難しい元素を補うゼオスプール・マクロエレメンツは忘れられがちですが効果が高い添加剤です。

3.エサ・栄養補給
d0221436_23504426.jpg

・AminoAcidConcentrate ・Pohl’s Coral Vitalizer ・ZEOfood7 
褐虫藻を減少させるZeovitでは外部からの栄養補給が重要になります。人間でも一日の必要カロリーがあるようにサンゴの生命維持にも必要な栄養量はあるはずです。重要な栄養供給源である褐虫藻の減少を補うためには、ポリプによる捕食以上にアミノ酸の適切な添加が重要となります。

4.サンゴの色上げのための添加剤
d0221436_23575872.jpg

・Pohl’s B-Balance ・Pohl’s K-Balance 
・Pohl’s Xtra ・Pohl’s Xtra special 
褐虫藻の減少による栄養不足を補う側面を持ちながらサンゴの色素に有効に働く添加剤です。サンゴの色を見ながらユーザーに使用量の判断をゆだねられているのはこのパートです。

5.中和・水質維持
d0221436_021196.jpg

・CoralSnow ・ZEO life ・ZEOzym
添加剤を多用しながら、なぜ水替えを減らして運用できるのか?余分な酸を中和するコーラルスノーの添加はとても重要です。スキマーの効果を高めるゼオザイムやゼオライフの使用も大変有効です。

6.目的に応じて使用する添加剤 に関しては後日改めて触れたいと思います。上記の添加剤はZeovitの適切な運用には欠かせないものです。またマニュアルの遵守こそが大変重要で、何かつまずいたらマニュアルを読み直してシステムが適正に運用されているか確認してみて下さい。

d0221436_0194091.gif

夏のZEOVITキャンペーンもいよいよ残り2日!9月9日まで。悩んでいる暇はありませんよ(笑)これから始める方はぜひお得なキャンペーンをご利用下さい
[PR]

by aqualovers2011 | 2013-09-08 00:21 | 週刊!?@Zeovit | Comments(0)

久々にZeoVitネタで・・・復活??週刊!?@Zeovit

こんばんはジャイアンです。
今日は久々にZeovitネタです。当店にも入り口正面に900×450×600(H)のZeovit水槽が稼働しています、立ち上げは去年の5月、KZのT5に変更して今の形になったのが去年の11月でした。
d0221436_17395195.jpg
d0221436_17401357.jpg
d0221436_17403423.jpg

器材は水量に対して足りるものをえらんでいますが・・・とても質素です(笑)
・スキマー Skimz SK-181
・リアクター スリークウォーター S-カルシウムリアクター
・照明 KZ T5 39W×6灯
一般のユーザーさんの方が確実に良い物を使ってますね・・・(汗)

中のサンゴはなるべく変更がないようにしていますが、在庫が少ない時とかは断りきれずに販売してしまったり、予想とずれた挙動の個体はアウトレットに回ったりと、たまに入れ替わっています。現在のメンバーだと昨年末からの個体は10個ほどはあるでしょうか。
d0221436_17554023.jpg
d0221436_1756296.jpg
d0221436_1757411.jpg
d0221436_17574821.jpg
d0221436_1758222.jpg
d0221436_17584275.jpg
d0221436_1759964.jpg
d0221436_17593150.jpg
d0221436_180186.jpg

意識的に添加剤の投与を多めに設定しているので総じて色は濃い目だと思います、Zeovitで栄養塩のコントロールができ水槽が稼働し始めると、ほっておいても色は抜けていきます、そう、色を抜くのはそれほど難しい事ではないんですね。色が抜けていくという事は、サンゴの栄養供給源である褐虫藻が減っていくことなのでこれが進み過ぎればサンゴが必要とするエネルギー量がまかなえなくなる・・・だから添加剤は多めの設定で、サンゴの状態を見て加減したほうがコントロールしやすいのではないかと思い実践してます。実際、色の抜けすぎたサンゴを戻すのは時間もかかるし難しいとおもうのですが・・・どうなんでしょう???
d0221436_1817542.jpg
d0221436_18173333.jpg

レイアウトはいたって普通です、過去の遺物??ひな壇にテーブル、スギノキ・・・でも、それが好き。。照明は手が入らないといやなので水面から15cm位の高さになってます、高さ60cmの水槽で39W6灯しかありませんが一番下の位置のサンゴも特に問題はないように感じています、もちろん8灯がベターだし、この6灯は当時のメーカーの在庫状況という事情があったので・・・

開店当初からZeoに関して質問を受けたりしてましたが、実際に稼働することで以前に比べれば自分なりの理解が深まってきている・・・かな??次回は添加剤の事を書こうと思います。
[PR]

by AQUALOVERS2011 | 2013-08-23 18:32 | 週刊!?@Zeovit | Comments(0)

週刊@Zeovit Vol.17

こんばんはジャイアンです。
まずはご報告、展示水槽として個体の長期維持を目指して水槽を立ち上げて来ましたが、諸事情あって養殖個体の販売ストックを兼ねた水槽として運用していくことにしました。なんといってもお金もスペースもない弱小ショップ・・・どうかご理解頂きたいと思います。

皆さんが沢山お金を使ってくれたら展示水槽としての復活も見えてくるかな?(笑)正直、照明の変更とかいろいろ考えたんですが・・・一言・・・余裕がない。。。
維持管理は今まで通りこまめにやっていきますので宜しくお願いします。


今日はメディアと活性炭の交換を行い、器材の調整と軽いメンテナンスをやっています。実験用に入荷時から見事な黒焦げイチゴを導入・・・バイタルウェーブのバイオレットとシアンの7Wを足して変化を見てみようと思います、しかし・・・FPドクターの診断では蛍光タンパクが少ない個体のようで・・・ちょっとキビシイかも??
d0221436_21541124.jpg
d0221436_21543494.jpg
d0221436_21545139.jpg


準備はしたものの、今週は養殖ミドリイシの入荷のあてがはずれ・・・
来週の入荷になってしまいましたとさ・・・
[PR]

by AQUALOVERS2011 | 2012-09-09 21:59 | 週刊!?@Zeovit | Comments(0)

週刊@Zeovit Vol.16

こんばんはジャイアンです。
この一週間添加剤の添加を止めて見ましたが、色はやや明るく戻ってきたようです。
d0221436_20331926.jpg
d0221436_20333772.jpg
d0221436_2035978.jpg


水質は変わらず安定しているようです。
う~ん、特に書くことナイな・・・今週はおさぼりバージョンで失礼します。
[PR]

by AQUALOVERS2011 | 2012-09-02 20:44 | 週刊!?@Zeovit | Comments(0)

週刊@Zeovit Vol.15

こんばんはジャイアンです。
Zeovitの運用自体はすごく普通にトラブルもなく進んでいます。紆余曲折、試行錯誤、退場個体も出しながら、現状でもそれなりにサンゴはキレイになっています。
d0221436_2194532.jpg
d0221436_2195746.jpg
d0221436_2110733.jpg
d0221436_21101929.jpg
d0221436_2110298.jpg
d0221436_21104211.jpg
d0221436_21105152.jpg

今後も残留していく予定の個体です。お分かりのように、過剰添加の兆候が見られています、先週と今週はだいぶ添加を控えていますが・・・件のF.Pドクターで見たところサンゴのチョイスもあまりあっていないようです。

照明の設定はまあまあな感じになっています、以前の悪い反応はいまでは起こっていません。ただ、ポリプの出がいまいちなので、シッカリとポリプを出すように順化していこうと思います。
[PR]

by AQUALOVERS2011 | 2012-08-26 21:18 | 週刊!?@Zeovit | Comments(0)